recentpopularlog in

@4

« earlier   
役立つコードレビュー 8つのヒント | POSTD
"1. 私たちは人間
2. 自動化する
3.レビューは全員で
4.読みやすさを心がける
5.少なくとも1つは肯定意見を伝える
6.代案を示す
7.遅延は重大
8.プルリクエストは小さくまとめる"
team  codereview  @4 
3 days ago by junya
WaymoのCTOが語る、会社の過去、現在、そして次に来るもの
"何かを1〜2回、あるいはほんの数回実行できるプロトタイプを作ることと、一般の人たちが日常的に使うことのできる製品を作ることの間には、とても大きな違いがあります。そして、特にこの分野では、私たちが始めたときには、このような一度きりの挑戦で成果を出すことはとても簡単だったのです。

しかし、本当に難しいのは、それを製品にするためにシステムから引き出す必要のある、信じられないレベルの性能なのです。それこそが一番難しいことです。そして二番目に難しいことは、その先に遭遇することになる、果てることなく湧いてくる、滅多に起きない問題の種類の複雑さなのです。おそらく99%の状況ではそうした問題に出会うことはないでしょう。しかしそれでも出会うかもしれない1%もしくは1.1%の状況のために、準備をしておかなければならないのです。"
automation  transport  interview  vision  @4 
4 days ago by junya
React のユーザーから見た今後のフロントエンドの予想
"本格的なフロントエンドの場合、型ありき。なので Flow か TypeScript の採用は前提とする。

Flow は残念ながら Facebook ぐらいしか使わなくなってしまった。Babel から段階的に採用しやすい、というメリットも、 Babel の TypeScript サポートで同じぐらいの移行しやすさになった。そういえば ReactNative も Flow から TypeScript にするとのこと。

今では Babel で TypeScript コンパイルできるようになった。この方式は Babel で .ts をコンパイルするが、TypeScriptで型チェックを行う。ビルドスタックによって使いやすい方を使えば良い。

Flow と TypeScript の表現力はさして変わらない。 Flow から TypeScript に移行するコストはそう高くない。下回りを整えて、正規表現を何発か打てば終わる。"
forntend  react  javascript  flowtype  typescript  @4 
10 days ago by junya
Bandwidth or Latency: When to Optimise for Which – CSS Wizardry – CSS Architecture, Web Performance Optimisation, and more, by Harry Roberts
"A good rule of thumb to remember is that, for regular web browsing, improvements in latency would be more beneficial than improvements in bandwidth, and that improvements in bandwidth are noticed more when dealing with larger files."
web  http  performance  @4 
13 days ago by junya
VTEX Styleguide
This is the home for all product design related reusable patterns, components and assets.
styleguide  react  inspiration  @4 
16 days ago by junya
「ニュースを気にしない」ということ:クリス・アンダーソン、『WIRED』を語る(上)|WIRED.jp
ぼく自身、ニュースに注意を払わないんだ。新聞ばかりかニュースはまったく読まない。ラジオも聴かないし、テレビも見ない。だから、今日は何が起きたのか知らないし、気にもしない。昨日何が起こったのかも知らない。実際のところ、誰かがそれを教えてくれない限り、知ることはない。トランプが何をしたかも知らなければ、ワールドカップの結果も知らない。それでまったく問題ない。ぼくのソーシャルメディアのフィードは主にテック関連で、ニュースも少し入ってくるけど、たかが知れている。
interview  media  @4 
6 weeks ago by junya
Web workers vs Service workers vs Worklets
Web workers, service workers, and worklets are all scripts that run on a separate thread. So what are the differences between these three types of workers?
javascript  @4 
12 weeks ago by junya
There’s always more work to do—but you still don’t need to work long hours
Have you ever wished you could reduce your working hours, or even just limit yourself to 40 hours a week, but came up against all the work that just needs doing? There’s always more work to do, always more bugs, always some feature that’s important to someone—

How can you limit yourself to 40 hours a week, let alone a shorter workweek, given all this work?

The answer: by planning ahead. And planning ahead the right way.
lifehack  productivity  @4 
august 2018 by junya
Tech Notes: Why not add an option for that?
This post is an attempt at producing a canonical consolidated answer to why the answer to this is often "no".
product  design  ux  @4 
july 2018 by junya
Your Emails (and Recipients) Deserve Better Context · An A List Apart Article
Email communication is an integral part of the user experience for nearly every web application that requires a login. It’s also one of the first interactions the user has after signing up. Yet too often both the content and context of these emails is treated as an afterthought (at best), with the critical parts that users see first—sender name and email, subject, and preheader—largely overlooked. Your users, and the great application you’ve just launched, deserve better.
email  newsletter  ux  @4  context 
june 2018 by junya
What we learned moving sales and product upmarket together
Focus on the problem, not the solution – Rather than prescribing what should be built, describe the roadblocks customers are coming up against.

Don’t be afraid to get granular – Be specific about the problem. For lead qualification, that might be distinguishing leads from customers or enriching email addresses.

Stack rank requests by impact – Identify which problems need to be solved first based on order of magnitude (blockers for new business or reasons for churn).
product  design  @4 
june 2018 by junya

Copy this bookmark:





to read